• Osugi music instruments

ネック折れについて

いつもお世話になっております。

Osugi music instrumentsの大杉です。


今回はご相談頂く事の多いネック折れについて触れていきたいと思います。


転倒や落下と言った自責で起こる場合や、輸送等の他責で起こる場合など状況は様々。ハードケースに入れていても起こりうるネック折れ。大切な愛器に起きると現実逃避したくなりますよね…


現在に至るまでの経験則を元に修理工房ならでは観点から予防策と、ネック折れが起きてしまった時にどう対処すべきか、どのような修理方があるのか?を解説していきたいと思います。


<ネック折れの予防策>


ネック折れはなぜ起こるのか?

要因は多々ありますが、事象として考えるとネックに対する負荷の過大入力によって起こります。もっとも起こりやすいのがGibson等に代表される角度付きのヘッドのギター。Fenderなどの角度なしのネックは割れ以外ではお預かりした事がないくらいです。


予防するにはまず、

運搬時にペラペラのソフトケースを使わない。

エントリーモデルには必ずと言って良い程付属されているケースです。軽音部だとこれを使うのがお決まり的な。軽いしギターを出せば他のケースに比べて小さくまとまるので使い勝手は良いのですが、生地が薄いのでぶつけたりした時の衝撃はダイレクトに伝わってしまいます。打ちどころが悪ければ愛器が悲惨な状態に…

ハードケースじゃないとダメか…なんて声が聞こえてきそうですが、そんなこともありません。ハードケースでなくても大丈夫です。ウレタンフォームでモールドされた軽量なセミハードケースや、厚手なクッションで丈夫なギグケースがありますので、運搬時にはこう言ったケースがお勧めです。ショルダー式のものが殆どなので使いやすいですよ。

満員電車でもみくちゃになるような状況下や、ケースを転倒させてしまった場合では厳しいかも知れませんが、ソフトケースよりは確実に良いです。


次に、

楽器が入った状態でケースを立てかけない。

意外と多いです。

立てかけてしまうとふとした衝撃で倒れる可能性が高いので、寝かせておくことで倒れるリスクを未然に防ぐのがお勧めです。